蜂の巣退治の前に応急処置を学ぼう

住宅周辺で蜂の巣を見つけた場合は注意しましょう
住宅周辺で蜂の巣を見つけた場合は注意しましょう

もしもミツバチに刺されてしまったら~応急処置方法~

ハチの巣

プランターなどの場所にミツバチが巣を作ってしまうと、子供が気づかずに触ってしまい刺される可能性があります。蜂による被害を最小限に抑えるためにも、まずはここで蜂に刺された時の応急処置法を学んでおきましょう。

応急処置の流れ

刺された場所から離れる

蜂に刺されてしまった場合はまずその場所から離れて、それ以上蜂から攻撃を受けないようにしましょう。走って移動すると蜂がさらに攻撃を仕掛けてくる可能性があるため、避難する際はゆっくりと移動を行なうのがベストです。

針を抜いて毒を洗い流す

ミツバチの針は刺さるとそのまま残ってしまうので、避難した後は刺さったままの針を取り除く必要があります。針を取り除いた後は傷口を洗い、毒を洗い流しましょう。傷口をつまんで血と一緒に毒を洗い流すのが最適です。

刺された箇所を冷やす

蜂に刺されるとかゆみや痛みを感じることが多いですが、刺された場所を冷やすと毒の吸収が遅くなり痛みやかゆみを感じなくなります。傷口を洗った後は保冷材などを当てて、蜂の毒による痛みやかゆみを解消しましょう。

蜂に刺された状態をそのままにしておくと痛みやかゆみが長い間続いたり、アナフィラキシーショックが発生したりする危険性があります。蜂に刺された際はすぐに応急処置を行ない、症状を軽減できるように対処しましょう。

ミツバチに刺されない対策も行なう

外出する際はなるべく薄い色の服を着用し、虫を寄せ付けてしまう香水などの使用を控えるのが最適です。こうしておけば蜂から攻撃を受ける可能性は小さくなります。また万が一蜂の方から近づいてきた場合は、刺激を与えないようにしましょう。

TOPボタン